ネット建材屋 | 工事業者の探し方 建築板金工事業者が最適な工事
このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 工事業者の探し方

 

セキスイ|雨水タンク 「レインポット100L」

雨水タンク セキスイ「マイレイーナ 100L・200L堅型A」

雨水タンク セキスイ「レインリゾット 100L・200L」

ガルバリウム鋼鈑屋根材eco-R  ecoHi-R(旧efルーフ)

ガルバリウム鋼板屋根材CRESPA

雨とい防護ネット 枯れ葉よけポリネット

上記商品は、 建築板金業へ工事をご依頼頂くのが一般的で、お奨めです!

1、タウンページで

お住まいの地域のタウンページをご用意ください。

矢印
電話帳のイメージ

2、建築板金業を探して、

職業名・サービス名一覧の索引で、建築板金業を探してください。

矢印
電話帳の建築板金業

3、ご自宅に近い業者を探して、

建築板金業のページで、ご自宅に近い業者さんをお探し下さい。

矢印

電話帳の建築板金業のページ

4、依頼してみましょう!

業者さんへ連絡をしてみましょう。

 

※工事の価格は、設置する現場の状況や、また、地域によっても大きく異なります。

建築板金業とは・・・

「板金」と云えば、自動車の鈑金を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?建築板金業は、自動車の鈑金・塗装とは違い、屋根や壁、雨樋などの施工を通じて「建築物の雨仕舞い」をする施工業者のことをいいます。

"雨仕舞い"とは、雨水が建物の内部に浸入したり、漏ったりするのを防ぐこと、または防ぐための施工方法のことです。ゆえに、雨仕舞いをしない建築物はないわけで、建築やリフォームの際には、建築板金業の施工業者が必ず携わっていて、瓦の施工の前にも、外壁の施工前にも、必ず「水切り」という部材を取り付けて、きちんと雨仕舞いをおこないます。逆に言えば、この雨仕舞いがないことには、どんな業者も仕事が始まらないと行っても過言ではないでしょう。

また昔は、外壁や雨樋といえば、トタンで加工したものばかりでした。屋根も、瓦や萱を除けばトタン屋根が主流でした。しかし、現在は、屋根はセメント系の材料やガルバリウム鋼板などの特殊な金属に、雨樋はプラスティック系或いはアルミやステンレスの材料に、外壁も波板トタンからアルミや窯業系のサイディング材やタイルに、「置換」されています。

ところが、材料・材質は変わっても、今でも建築板金業者が雨仕舞いと同時に、屋根や外壁や雨樋を、その技術をもって施工するということには変わりがないのです。 このようなことから、現在の建築板金業 は、建物の雨仕舞いだけではなく、外装全般を施工する「外装業」と言っても良いかも知れません。

このようなことから、屋根材や外壁サイディング材、雨樋(とい)関連の施工については、建築板金業の専門技術が必要となります。